HOME > エクセル > ショートカットキーの説明 > ショートカットキーの意味

ショートカットキーの意味


ショートカットキーは英単語の1文字、キーボードの位置、重複しないように余りの中から決定しました。

キー操作 意味 目的
Ctrl + A select All 1度目はデータ範囲を選択し、2度目はワークシート全体を選択します。 ※注 セルの入力や数式バーで関数名が入力されている場合は、数式パレットを表示します。
Ctrl + B Bold 太字の書式の設定と解除を切り替え。 Ctrl + 2
Ctrl + C Copy コピー。 Ctrl + Ins
Ctrl + D Down 下方向へコピー
Ctrl + F Find 検索。 Shift + F5
Ctrl + G Go to ジャンプ。 F5
Ctrl + H 置換。ReplaceだからRのはずだが使用頻度が高いので、Rより打鍵しやすいキーが選ばれたのかもしれません。
Ctrl + I Italic 斜体の書式の設定と解除を切り替え。 Ctrl + 3
Ctrl + K hyperlinK ハイパーリンクを挿入
Ctrl + N New file 新規作成
Ctrl + O Open file 開く。 Ctrl + F12
Ctrl + P Print 印刷。 Ctrl + Shift + F12
Ctrl + R Right 右方向へコピー
Ctrl + S Save 保存。 Shift + F12
Ctrl + U Underline 下線の設定と解除を切り替え。 Ctrl + 4
Ctrl + V Cの右側のキー 貼り付け Shift + Ins
Ctrl + W close Window 閉じる。 Ctrl + F4
Ctrl + X Cの左側のキー 切り取り。 Shift + Del
Ctrl + Y やり直し。 F4 Redoは後から追加されたので、使用していないキーから選ばれました。
Ctrl + Z Cの左の左のキー 元に戻す
最初に「コピー」がCopyのCに決まり、キーボードの左端からメニューの順番で「元に戻す」がZに、「切り取り」がXに、「貼り付け」が右側のVになりました。
コピーしてから貼り付けが、左手をキーボードで右手をマウスで操作するためです。


このページの上