HOME > エクセルVBA > サンプル

サンプル


下記はExcel 2010で作成しました。Excel 2003以前では動作しません。
  1. Application.xlsm・・・Applicationのサンプルです。
  2. Workbook.xlsm・・・Workbookのサンプルです。
  3. Sheet.xlsm・・・Sheetのサンプルです。
  4. Range.xlsm・・・Rangeのサンプルです。
  5. ListObject.xlsm・・・テーブルのListObjectのサンプルです。
  6. Convert.xlam・・・選択したセルの文字列を変換するアドインのサンプルです。
  7. ReplaceList.xlam・・・RangeオブジェクトのReplaceメソッドで置換します。
  8. Color.xlam・・・ColorConstants と XlRgbColor 定数と QBColor 関数の色のサンプルです。
  9. ListBox.xlsm・・・ユーザー フォームのListBoxのサンプルです。
  10. SpinButton.xlsm・・・ユーザー フォームのSpinButtonコントロールのサンプルです。
  11. Calc.xlsm・・・簡単な電卓です。ボタンのイベントを共有するサンプルです。
  12. TextBoxMenu.xlsm・・・ユーザーフォームのテキストボックスの右クリックでポップアップメニューを表示します。
  13. PathName.xlsm・・・パス名からファイル名や拡張子を取得するなどします。
  14. WSH.xlsm・・・WSHのサンプルです。
  15. Shell.xlsm・・・Shellのサンプルです。
  16. ApplicationEvent.xlam・・・Applicationのイベントのサンプルです。
  17. UserFunction.xlsm・・・ユーザー定義関数のサンプルです。
  18. FaceIDList.xlsm・・・FaceIDの画像と番号の一覧のワーク シートを作成します。
  19. CopyFaceID.xla・・・FaceIDのボタンのツールバーを作成、クリックするとFaceIDをテキストとしてクリップボードにコピーします。
  20. VBProject.xlsm・・・VBAからVisual Basic Editorを使用するサンプルです。
  21. CodeMenu.xlam・・・Visual Basic EditorのCode Windowの右クリックメニューのサンプルです。
  22. InsertList.xlam・・・Visual Basic Editorのツールバーに文字列をカーソル行に挿入するCommandBarComboBoxのサンプルです。

下記はWindows APIを使います。
  1. WindowsAPI.xlsm・・・Windows APIの説明とサンプルです。
  2. Beep.xlsm・・・Windows APIのBeep関数で音を鳴らすサンプルです。
  3. Clipboard.xlsm・・・Windows APIによるクリップボードのユニコードの文字列の取得と設定とクリアーのサンプルです。
  4. ClipCursor.xlsm・・・Windows APIのClipCursor関数で、マウスのカーソルの移動範囲を制限します。
  5. ColorDialog.xlsm・・・色の設定ダイアログのサンプルです。(Windows APIのChooseColor)
  6. CombineRgn.xlsm・・・Windows APIのCombineRgn関数を使用し、穴の開いたフォームを表示するサンプルです。
  7. CreatePen.xlsm・・・Windows APIのCreatePenを使用してユーザーフォームにマウスで線を描画するサンプルです。
  8. DragFileForm.xlsm・・・エクスプローラーからUserFormにファイルをドラッグ&ドロップするWindows APIのサンプルです。
  9. EmptyRecycleBin.xlsm・・・Windows APIのSHEmptyRecycleBinW関数で、ごみ箱を空にします。
  10. EnumWindows.xlsm・・・Windows APIのEnumWindowsのサンプルです。
  11. ExtractAssociatedIcon.xlsm・・・Windows APIのExtractIcon関数でファイルからアイコンを取得するサンプルです。(リボン)
  12. ExtractIcon.xlsm・・・Windows APIのExtractIcon関数でファイルからアイコンを取得するサンプルです。(ユーザーフォーム)
  13. ExtractIcon2.xlsm・・・Windows APIのExtractAssociatedIconW関数で、ファイルに関連付けられたアイコンを取得します。
  14. FileRun.xlsm・・・「ファイル名を指定して実行」を起動するサンプルです。
  15. FindExecutable.xlsm・・・Windows APIのFindExecutableW関数で、ファイルに関連付けられたファイル名を取得します。
  16. FindFirstFileEx.xlsm・・・Windows APIのFindFirstFileExW、FindNextFileW関数でファイルの一覧を作成します。
  17. FlashWindow.xlsm・・・Windows APIのFlashWindow関数で、ウィンドウを点滅するサンプルです。
  18. FolderBrowserDialog.xlsm・・・Windows APIによる「フォルダの参照」のダイアログのサンプルです。
  19. FormatMessage.xlsm・・・Windows APIのFormatMessage関数で、エラーの番号からメッセージを表示します。
  20. GetAsyncKeyState.xlsm・・・Windows APIの GetAsyncKeyState 関数で押したキーを表示するサンプルです。
  21. GetSystemInfo.xlsm・・・Windows APIのGetSystemInfo関数を使用したプロセッサの情報を表示するサンプルです。
  22. GetSystemMetrics.xlsm・・・Windows APIのGetSystemMetrics関数で、幅と高さなどのシステムメトリックの値を取得するサンプルです。
  23. GetSystemPowerStatus.xlsm・・・Windows APIのGetSystemPowerStatus関数を使用したバッテリーの状態を表示するサンプルです。
  24. GlobalMemoryStatusEx.xlsm・・・Windows APIのGlobalMemoryStatusEx関数を使用したメモリの情報を表示するサンプルです。
  25. IconDialog.xlsm・・・Windows APIのPickIconDlg関数によるアイコンのダイアログのサンプルです。
  26. keybd_event.xlsm・・・Windows APIのkeybd_event関数でキーを打鍵します。
  27. LineTo.xlsm・・・Windows APIのLineToを使用してユーザーフォームに線を描画するサンプルです。
  28. LoadPng.xlsm・・・PNGのファイルを読み込み、ボタンの画像を変更するサンプルです。
  29. MessageBox.xlsm・・・Windows APIのMessageBoxW関数でメッセージ ダイアログを表示します。
  30. Module32First.xlsm・・・Windows APIのModule32Firstを使用したモジュールの一覧のサンプルです。
  31. PathIsUNC.xlsm・・・Windows APIのPathIsUNCW関数でパスがUNCか表示します。
  32. PathIsURL.xlsm・・・Windows APIのPathIsURLW関数でパスがURLか表示します。
  33. Process32First.xlsm・・・Windows APIのProcess32Firstを使用したプロセスの一覧のサンプルです。
  34. Rectangle.xlsm・・・Windows APIのRectangleを使用してユーザーフォームに四角形などを描画するサンプルです。
  35. RegisterClipboardFormat.xlsm・・・Windows APIでクリップボードに独自のフォーマットを登録しコピーと貼り付けするサンプルです。
  36. ShellAbout.xlsm・・・Windowsのバージョン情報のダイアログを表示するサンプルです。
  37. ShellExecute.xlsm・・・Windows APIのShellExecuteのサンプルです。
  38. SearchPath.xlsm・・・Windows APIのSearchPathW関数で、Where.exeのようにシステム、Winows、カレントディレクトリ、環境変数のPATHを検索してフルパス名を取得します。
  39. SendMessage.xlsm・・・Windows APIのSendMessage 関数でクリップボードのテキストを貼り付けるサンプルです。
  40. SetCursorPos.xlsm・・・Windows APIのSetCursorPos関数で、マウスのカーソルの位置を設定します。
  41. SetLayeredWindowAttributes.xlsm・・・Windows APIのSetLayeredWindowAttributes関数を使用し、穴の開いたフォームを表示するサンプルです。
  42. SetWindowPos.xlsm・・・Excel のウィンドウを常に前面に表示します。(Windows APIのSetWindowPos)
  43. URLDownloadToFile・・・Windows APIの URLDownloadToFile 関数でファイルをダウンロードします。
  44. UserForm・・・[X]ボタンのないUserFormなどのサンプルです。
  45. WindowsAPIPath.xlsm・・・Windows APIでパス名からディレクトリ名、ファイル名を取得するサンプルなどです。


下記はExcel 2010でExcel 97-2003形式で保存しました。
SameName.xla・・・後からロードしたアドインのプロシージャが、既にロードした同じ名前のプロシージャを実行するサンプルです。



リボンの君とストップウォッチ・・・リボンの君とストップウォッチのソースです。

ユーザー定義関数zs.xlam・・・ユーザー定義関数zsのソースです。

このページの上