HOME > Ribbon > Custom UI Editor

Custom UI Editor


*注意 Custom UI Editorは日本語が文字化けします。
    日本語を含むファイルは途中までしか読み込めない場合があり破壊します。(エラーメッセージは表示しない)
XMLのエラーをチェックできます。
直接Excel, Word, Power Pointのファイルを編集できます。(Accessはできませんので、Access VBAのRibbonを参照してください。)
画像ファイルの挿入、Callback関数を作成できます。
検索や置き換えの機能がありません。
ダウンロード
 下記のサイトからCustom UI Editorをダウンロードして、インストールしてください。
 Office Custom UI Editor available
 *注 Windows XPの場合にCustom UI Editorが動作するには、マイクロソフトのMicrosoft .NET Framework Version 2.0以降が必要です。

インストール

このページの上

開くと保存
既存のExcel, Word, Power Pointのファイルを読み書きできます。(Accessはファイル形式が異なるのでできません)

開く
 [File]の[Open]メニューをクリックします。
 あるいはツールバーの左端の[Open]ボタンをクリックします。

サンプルの挿入
 [Sample]メニューから選択した項目のXMLファイルを読み込みます。

保存
 [File]の[Save]メニューをクリックします。
 あるいはツールバーの左端から2番目の[Save]ボタンをクリックします。
 *注 ExcelやWordでファイルを開いている場合は保存できません!他のアプリケーションは閉じてから保存してください。

このページの上

XMLコードのエラーの検査
ツールバーの[Validate]ボタンをクリックします。
Validateボタン

下記のメッセージはtabbuttonの間には、必須の要素のgroupがないためエラーです。
エラーメッセージ

下記はOKのメッセージです。
OKのメッセージ

このページの上

Callback関数の作成
ツールバーの[Generate Callbacks]ボタンをクリックします。
GenerateCallbacksボタン

[Callbacks]タブをクリックすると、VBA用のプロシージャが作成されます。
CallbacksTab
コピーしてVBEの標準モジュールに貼り付けます。
*注 間違った引数でCallback関数を作成する事もあります。何も作成しない場合もあります。

*注 アドインで同じ名前のプロシージャがあると、後から開いたファイルのプロシージャは実行されません。最初に開いたファイルのプロシージャを実行します。
   同じ名前のプロシージャでも正しく実行するには、プロシージャの前にファイル名を指定します。
   ファイル名の後ろに半角の感嘆符(!)、モジュールの後に半角のピリオド(.)、とプロシージャ名にします。
   例.「FileA.xlam」ファイルの「RibbonModule」モジュールの「Sub2」プロシージャ
      FileA.xlam!RibbonModule.Sub2
   私のサンプルのSameSubNameを参考してください。


このページの上

画像ファイルの挿入
ツールバーの[Insert Icons]ボタンをクリックします。
InsertIconsボタン

画像ファイルを選択します。
画像の種類はBMP, GIF, ICO, JPEG, PNGです。(GIF, ICO, PNGは透過)
Custom UI Editorでは複数のサイズを含むアイコンは「使用したパラメータが有効ではありません。」とエラーになります。
ボタンの画像のサイズは「16×16」かあるいは「32×32」が良いでしょう。
ここではMinus.jpgとPlus.jpgとReset.jpgのファイルを選択しました。
画像の選択ダイアログ

画面の右側に選択した画像ファイルが追加されます。(拡張子なしの名前になります)
画像の一覧

また画像の項目を右クリックして、名前の変更や削除ができます。
画像の名前の変更や削除

このページの上

サンプルファイルの追加
[Samples]メニュー中のメニューをクリックすると、XMLファイルを読み込むことができます。
インストールしたCustom UI Editorの「Samples」フォルダに拡張子が「.xml」のファイルを保存すると、[Samples]メニューに追加されます。
Windows Vistaの例.
  C:\Program Files\CustomUIEditor\Samples
「Samples」フォルダの場所は使用者の環境により異なります。
サンプルメニュー

またCustom UI EditorのサンプルファイルはXMLの宣言がないので、ユニコードの場合は下記のようにファイルの最初の行を挿入しましょう。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

前のページ

次のページ


このページの上