HOME > Ribbon > Excel 2010

Excel 2010



Excel 2010のサンプルです。Excel 2007では動作しません!

はじめに・・・名前空間、Custom UI Editor、Office 2010用のXML Schema、リンク、新しい機能


HideTabs・・・Backstage ビューの中の項目とQATとタブを隠します。

ActivateTab・・・指定したタブをアクティブにします。

InvalidateContentOnDrop・・・ドロップした時に自動で描画を更新します。 (comboBox)


Backstage・・・ファイルメニューで表示されるBackstage ビュー (backstage, firstColumn, secondColumn, primaryItem, topItems, bottomItems, layoutContainer, menuGroup)

MenuGroup・・・メニューグループ (menuGroup, button, checkbox, toggleButton, menu)

Hyperlink・・・ハイパーリンク (hyperlink, groupBox, layoutContainer, labelControlのnoWrap)

ImageControl・・・画像を表示します。 (imageControl)

RadioButton・・・ラジオボタン (radioGroup, radioButton)

GroupStyle・・・Backstage ビューのgroupタグのstyle属性を、radioGroupタグのonActionで変更します。 (group, radioGroup, radioButton)

TaskGroup・・・ボタンのようなタスクグループ (taskGroup, category, task)

TaskFormGroup・・・画面の右側を切り替えるタスクフォームグループ (taskFormGroup, category, task, groupBox, button)

GroupGetVisible・・・groupGetVisibleを使い、taskFormGroupのように右側の画面を切り替えます。 (radioGroup, radioButton)


ColumnWidthDefault・・・列のコンテキストメニューに「既定の幅」メニューを追加します。 (contextMenus, contextMenu)

ContextMenu・・・コンテキストメニュー (contextMenus, contextMenu)

ContextMenuID・・・contextMenuidMsoのラベルのメニューを表示し、クリップボードにコピーします。 (contextMenus, contextMenu)


2007and2010・・・Office 2007と2010の両方のXMLファイルを組み込んだサンプルです。


ReadAloud・・・日本語でセルを読み上げます。

レジストリ・・・Excelのリボンのレジストリについての説明





前のページ

次のページ


このページの上