HOME > Ribbon > はじめに

はじめに



リボンの学習
最初は下記のマイクロソフトのサイトで学習しましょう。
 2007 Office Fluent リボンをカスタマイズする (開発者向け) (パート 1-3) (概要)
 2007 Office Fluent リボンをカスタマイズする (開発者向け) (パート 2-3) (リファレンス)
 2007 Office Fluent リボンをカスタマイズする (開発者向け) (パート 3-3) (よく寄せられる質問、コールバックとシグネチャ一覧、リボン属性)

【ダウンロード】
アイコンの一覧から選択した画像のimageMsoを表示します。
 Download details 2007 Office System Add-In Icons Gallery

IDの一覧のExcelファイル
 Download details 2007 Office System Document Lists of Control IDs

このページの上

リボンのエラーメッセージを表示する
1.[Office]ボタンをクリックし、[Excelのオプション]をクリックします。
2.[詳細設定]をクリックし、[全般]の[アドイン ユーザー インターフェイスのエラーを表示する]にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。
エラーメッセージを表示する

エラーの場合は起動時にメッセージが表示されます。
エラーメッセージ
このメッセージは子要素にcheckbuttonはないというエラーです。XMLは英数字の小文字と大文字は区別するので、checkbuttonでなくcheckButtonが正しい。
[OK]は1つ、すべてのエラーメッセージを取り消すには[すべて]ボタンをクリックします。
Custom UI EditorかXML Notepadで、エラーチェックしましょう。
致命的なエラーの場合はリボンは表示されません!
エラーの場合は動作が不安定になる時があります。Excelを終了してもだめなら、Windowsを再起動しましょう。

このページの上

XMLについて
文字コードがUnicodeの場合は、最初の行は下記で始めます。(あるいはencoding="utf-16")
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
*注 使用するエディタがShift-JISの文字コードで保存する場合は、encodingを"Shift-JIS"にします。

空要素でない場合は、かならず終了タグが必要です。
HTMLの<BR><BR></BR>あるいは、空要素の場合は<BR />です。

英字の大文字と小文字を区別します。
属性値はダブルクォーテーション(")で囲まなければいけません。

コメントは<!--で開始し、-->で終了します。
コメントの内部に--を含めることも、-を最後の文字にすることはできません。
<!-- これはコメントの例です。-->

XMLについてはマイクロソフトの下記のサイトが役立ちます。
 XML 標準のリファレンス
 XML デベロッパー センター

このページの上

リボンのためのcustomUI.xmlファイルを作成 (Accessを除く)
1.[customUI]フォルダを作成し、その中にテキストエディタで[customUI.xml]を作成します。
  *注 [customUI.xml]以外の名前でも良いが、下記の5のRelationshipTargetの名前と一致する必要があります。
2.エクスプローラで、Excelのファイル名の拡張子に.zipを追加し、圧縮フォルダとして開きます。
3.[customUI]フォルダを、圧縮フォルダに追加します。
4.[_rels]フォルダを開き、[.rels]ファイルをデスクトップにコピー、テキストエディタで開きます。
5.<Relationships>要素の中の最後に、下記のような<Relationship>要素を追加します。
<Relationships xmlns="http://schemas.openxmlformats.org/package/2006/relationships">

  <Relationship Id="customUIRelID" Type="http://schemas.microsoft.com/office/2006/relationships/ui/extensibility" Target="customUI/customUI.xml" /> 
</Relationships>
    Relationship Id="customUIRelID"のcustomUIRelIDは任意の重複しない識別子です。
6..relsファイルをデスクトップから圧縮ファイルの[_rels]フォルダにドラッグし、既存のファイルと置き換えます。
7.ファイル名の拡張子の.zipを削除して元のファイル名に戻します。
  これらの作業はCustom UI Editorを使えば、直接Excel, Word, Power Pointのファイルを編集できます。(Accessはできません)

次のページ


このページの上