HOME > Ribbon > チュートリアル

チュートリアル


最初・・・リボンに自作のタブを表示します。(tabgroup

First・・・リボンの右端に「Sample」の名前のタブを作成し、文字列の「First」を表示します。(labelControl

Hello・・・ボタンを押すと「Hello!」と表示するExcelファイルを作成します。(button

Hello_JPN・・・上記の「Hello」をXML Notepadを使い日本語で表示できるようにします。

Counter・・・リボンのラベルを動的に変更します。(labelControlbox

Counter_Image・・・上記の「Counter」に使用者が作成した画像ファイルをCustom UI Editorで組み込みます。

DspStatusBar・・・ステータスバーの表示・非表示を切り換えます。(checkBox

Hide・・・ボタンが押された状態の場合は右側にあるコントロールを隠します。(toggleButtonseparator

CalcLine・・・入力した計算式の答えを返します。(editBox

Return・・・[Return]キーを押した後に移動する方向を指定します。(dropDown

CmdExec・・・入力あるいは選択した項目のコマンドを実行します。(comboBox

LinkMenu・・・クリックしたメニューにリンクします。(menumenuSeparator

NowTime・・・動的に変更したメニューの時刻をアクティブセルに挿入します。(dynamicMenu

ImageMso・・・アイコンの一覧を表示しクリップボードにimageMsoをテキストとしてクリップボードにコピーします。(gallery


前のページ

次のページ


このページの上