HOME > Ribbon > XML Notepad

XML Notepad


XML Schemaを追加することによって、エラーチェック、ElementやAttributeをリストから選択できます。(エラーチェックは完璧ではない)
日本語の文字が使えます。
検索や置き換えができます。
ファイルに保存すると、自動で字下げされソースが見やすくなります。
ExcelやWordのファイルを直接編集することはできません!ファイルの拡張子を.zipに変更し書庫からファイルを出す必要があります。
ツリー形式の階層で表示し、コピー、切り取り、貼り付け、削除など編集できます。
画像ファイルの挿入、Callback関数を作成できません!

ダウンロード
XML Notepad
 Download details XML Notepad 2007

XML Schema
 Download details 2007 Office System XML Schema Reference
 Office 2010 Reference: Office Fluent User Interface XML Schema Excel 2010以降はこれもダウンロードします。

このページの上

Schemaの追加
1.インストール後にXML Notepadの[View]の[Schemas]メニューを実行します。
2.[File]の[Add Schemas]メニューで「customUI.xsd」を追加します。
3.Excel 2010以降の場合は「customui14.xsd」も追加します。
customUI.xsdの追加
*注 [Disabled]ボタンにチェックを入れると無効になるので、チェックを入れないでください。

このページの上

ツリーの展開
画面の左側のペインの[Tree View]タブのフォルダのアイコンを右クリックし、[Expand]メニューをクリックするとツリーを展開します。
ツリーの展開

このページの上

Element(要素)の挿入
1.挿入するElement(要素)を選択し、[Insert]の[Element]の[Before]か[After]か[Child]メニューをクリックします。
2.リストからElement(要素)を選択します。
Elementの挿入

このページの上

Attribute(属性)の挿入
1.挿入するオブジェクトを選択し、[Insert]の[Attribute]の[Before]か[After]か[Child]メニューをクリックします。
2.リストから属性(プロパティ、コールバック関数)を選択します。
3.画面の右側で属性を入力します。(択一の場合はリストから選択可)
Attributeの挿入

このページの上

コメントの挿入
1.挿入するオブジェクトを選択し、[Insert]の[Comment]の[Before]か[After]か[Child]メニューをクリックします。
2.画面の右側でコメントを入力します。
コメントの挿入

このページの上

ソースの表示
1.[Viewt]の[Source]メニューをクリックします。
2.メモ帳で開くので、コピーしてCustom UI Editorで使いましょう。

このページの上

エラーの表示
画面の下部のペインの[Error List]タブにエラーが表示されます。
エラーの表示
ダブルクリックするとエラーの場所に移動します。
*注 エラーのチェックは完璧ではありません!正常でもエラーと表示されたり、エラーなのに無視されたりします。


前のページ

次のページ


このページの上