HOME > Windows > Windows 10 > 拡張子の関連付け > 「プログラムから開く」メニューに追加(OpenWithList)

「プログラムから開く」メニューに追加(OpenWithList)


作成日 2017年11月12日
Microsoft Windows 10 Home  バージョン 1709  ビルド 16299.19  (32ビット)

 「プログラムから開く」メニューに「ワードパッド」を追加します。

 1.HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.74\OpenWithListキーに移動します。下記のエントリがあるとします。
   エントリの名前がa、値のデータが「{D65231B0-B2F1-4857-A4CE-A8E7C6EA7D27}\OpenWith.exe」で「ストアの検索」と「別のプログラム」です。
   エントリの名前がb、値のデータが「NOTEPAD.EXE」で「メモ帳」です。
   エントリの名前がMRUList、値のデータが「ba」

 2.文字列値のエントリを作成し、名前を半角の「c」にします。既にaとbがあるので次のアルファベットのcを使用します。
   値のデータを「wordpad.exe」にします。HKEY_CLASSES_ROOT\Applicationsキーの下にこの値のデーターのキーが必要です。
   HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\wordpad.exeキーは既に定義されています。
   HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\wordpad.exe\shell\open\commandキーの(既定)のデータは下記です。
   "%ProgramFiles%\Windows NT\Accessories\WORDPAD.EXE"  "%1"

 3.文字列値のエントリMRUListのデータで、メニューの表示する順番を設定します。
   aからzのエントリの名前を表示する順番に指定します。
   MRUListのデーターの値を「bca」にします。

 4.レジストリエディタの「表示」の「最新の情報に更新」メニューを実行します。
   「プログラムから開く」メニューがメモ帳、ワードパッド、ストアの検索、別のプログラムを選択の順になります。
コンテキストメニュー
   「プログラムから開く」メニューは、メニューの数が少ないと階層メニューにならない場合があります。

  【注意】 HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\≪プログラム名.exe≫キーに文字列値のNoOpenWithエントリがあるとダイアログとメニューに表示されません。
  【注意】 MRUListを削除すると自動で正しく作成されない場合もあります。メニューのエントリを削除したらMRUListも変更してください。

   OpenWithProgidsキーにファイルタイプ(ProgID)の名前のエントリを作成すると、「プログラムから開く」メニューと「このファイルを開く方法を選んでください。」ダイアログの「その他のオプション」に表示します。

   OpenWith.exeの引数にファイル名を指定して実行すると、「このファイルを開く方法を選んでください。」ダイアログを表示します。

下記はレジストリファイルです。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.74]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.74\OpenWithList]
"a"="{D65231B0-B2F1-4857-A4CE-A8E7C6EA7D27}\\OpenWith.exe"
"MRUList"="bca"
"b"="NOTEPAD.EXE"
"c"="WORDPAD.EXE"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.74\OpenWithProgids]
"74_auto_file"=hex(0):

このページの上