HOME > Word > ギャゼッガー

ギャゼッガー


【ファイル名】ギャゼッガー.dotm
【バージョン】Ver 1.0.4.2
【作成日】2015年03月27
【更新日】2016年10月25
【ダウンロード】Vectorベクターソフトの詳細ページからダウンロードしてください。
【動作確認】Windows 7
【必要なソフト】Microsoft Word 2010以降(Word 2007は対象外)
【説明】ワードのアドインソフトでメニューを表示します。
【オンラインヘルプ】ギャゼッガーのヘルプ

リボンに組み込みと自作のコマンドを追加します。
ニャゴゼッガー」の表示のみメニューを実行できるようにしました。ただしギャゼッガーはマクロを有効にしなければ実行できません。
メニューの左側に表示される黄色の笑顔の画像黄色の笑顔の項目は、組み込みのコマンドではありません。このソフトで処理してます。
実行できない場合は自分でショートカットキーをタイプしてください。

ショートカットキーがある場合はメニューのラベルに表示します。
「Ctrl+B」と表記されている場合は、「Ctrl」キーを押しながら「B」キーを押します。
ショートカットキーの「Num」の右の文字はテンキーを意味します。
このヘルプでCtrl+Shift+(は、CtrlキーとShiftキーを押しながら8キーを押します。Ctrl+(とは表記しません。

Wordの状態やバージョン、ノートパソコンなどの機種、他のキャプチャーソフトなどの影響でできない場合もあります。
使用者がショートカットキーを変更しても、メニューのラベルは変更されません。
多くの場合にEscキーで処理を取り消しできます。

使用するにはこのファイルをWordのStartupフォルダに移動してください。

「ホーム」タブの「クリップボード」グループの前に、「陶山」グループが追加されます。右端に「ペン」グループが追加されます。
「ホーム」タブ

「挿入」タブの右端に「陶山」グループが追加されます。
「挿入」タブ

「流」メニューの中にファイル、編集、挿入、書式、移動、選択、その他メニューを追加します。
メニュー

Word 2010のショートカットキーはヘルプの「Microsoft Word のキーボード ショートカット」を参考にしました。

ショートカットキーの一覧の作成
1.「ギャゼッガー」の「流」の「その他」の「コマンド一覧」メニューを実行します。
キー定義のダイアログ
2.「キー定義」を選択したまま「OK」ボタンを実行します。

Windows Vista以降でセルを日本語で読み上げるのには、「Microsoft Speech Platform」と「MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi」が必要です。
ヘルプのQ&Aを参照してインストールしてください。

参考サイト
  Word Onlineのショートカットキーは下記のマイクロソフトのサイトが参考になります。
  Word Online のショートカット キー

  Word 2013のショートカットキーは下記のマイクロソフトのサイトが参考になります。
  Microsoft Word のキーボード ショートカット

  Word for Mac 2011のショートカットキーは下記のマイクロソフトのサイトが参考になります。
  Word のショートカット キー

  Word 2010、Word 2007、Word 2003 および Word 2002のショートカットキーは下記のマイクロソフトのサイトが参考になります。
  Microsoft Word のキーボード ショートカット

  マイクロソフトのサイトから下記のソフトをダウンロードするとWord 2003のコマンドがどこにあるか説明してくれます。
  Microsoft Word 2010: リボン ガイドを表示するインタラクティブ メニュー

このページの上