HOME > Word VBA

Word VBA

Microsoft Word 2010 (Windows 7)




【マイクロソフトのサイトのリンク】

 Word 2010 VBA の基礎知識

 オブジェクト モデル リファレンス (Word 2013 開発者用リファレンス)

 下記のマイクロソフトからOffice 2013 VBAのヘルプファイル(英語)をダウンロードできます。
 Office 2013 VBA Documentation
 ヘルプファイルの右側が表示されない場合は、ヘルプファイルのブロックの解除をしてください。



【customUI(リボン)】

Ribbon・・・リボンのcustomUIのサンプル。



【サンプル】

はじめてのWord VBA・・・最初のWord VBAを学習するための簡単なサンプルです。

時間のない人のWord VBA・・・Word VBAの基本的なことを説明します。

Selection・・・選択のSelectionオブジェクトのサンプルです。

Paragraph・・・段落のParagraphオブジェクトのサンプルです。

Document・・・文書のDocumentオブジェクトのサンプルです。

Application・・・アプリケーションのApplicationオブジェクトのサンプルです。

System・・・システム情報のSystemオブジェクトのサンプルです。

Find・・・検索のFindオブジェクトのサンプルです。

Table・・・表のTableオブジェクトのサンプルです。

Comment・・・コメントのCommentオブジェクトのサンプルです。

DefaultFilePath・・・既定のフォルダーの一覧の文書を作成します。(Options.DefaultFilePath)

FileList・・・複数の選択したファイルの一覧を作成します。(Tables)

Convert・・・選択した範囲の文字列を大文字、小文字、半角、全角、カタカナ、ひらがなに変換します。(Range.Case)

スタートアップ・・・Wordのスタートアップ(コマンド ライン) スイッチを指定したショートカットです。

Log・・・ファイルを開く度に、文頭に日付と時間を挿入します。

Diary・・・ファイルを開く時に、文頭に日付を挿入します。

AutoOpenClose・・・ファイルを開く時と、閉じるときに自動で実行するプロシージャー。(AutoExec, AutoNew, AutoOpen, AutoClose, AutoExit)

ApplicationEvent・・・実行されたイベント名をイミディエイト ウィンドウに出力します。

Word2003Menu・・・リボンの[アドイン]タブに、Word 2003風のメニュー追加します。

PlaybackTipPlay・・・日本語で読み上げる方法(「SpeechPlatformRuntime」と日本語の「Runtime Languages」のインストール)


このページの上